投稿日時: 2020-02-25

全国野菜園芸技術研究会(以後全野研) 東京事務所より第10回トマトキュウリサミット開催中止の連絡が入りましたのでお知らせいたします。その内容を原文のまま掲載いたします。

本会(注:全野研)は3月10・11日の「第10回トマト・キュウリ サミット」開催に向けて準備を進めておりましたが、現在、全国的に新型コロナウイルスの感染が広がっており、20日午後に厚生労働省から、イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージが発出され、催事主催者においては(新型コロナウイルスの)感染拡大の防止の観点から開催の必要性を改めて検討を、という呼びかけがあったことから、全野研と実行委員会の幹部で急遽、臨時会議を開催し、対応を協議をいたしました。

その結果、主催者として、新型コロナウイルスの感染拡大防止を図ることと、サミット会場では参加いただく皆様に安心して意見・情報交換、交流を行っていただきたい、という判断から、3月の開催は延期することにいたしました。 皆様におかれましては、会期に向けて諸準備を進めておられるところ、大変申し訳ございませんが、今回の開催延期についてご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 なお、延期開催の際は、今回準備しました講演・事例報告の内容で実施する予定です。

また、開催日については、現時点で、同ウイルスの感染拡大が終息する時期の見通しが立たないため、今後の推移を見て、あらためて設定することにいたします。

取り急ぎ、「第10回トマト・キュウリ サミット」開催の延期についてご報告申し上げます。

 

この件の問い合わせ先

————————————-

全国野菜園芸技術研究会

東京事務所 担当:青木和大

HP www.zenyaken.com

Email yasai@zenyaken.com

TEL.03-3233-3634

FAX.03-3233-3666

————————————-


 投稿日時: 2020-01-16

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀 昌之、以下「当社」)は、光明食品集団上海五四有限公司(本社:中華人民共和国上海市、董事長:黄 超、以下「光明食品」)との間で、中国初となるきゅうりの栽培システムを含む、中国最大規模の人工光太陽光併用型野菜栽培システム(以下「植物工場」)の納入について合意しましたので、お知らせいたします。

当社子会社の三菱ケミカルアグリドリーム株式会社が開発した植物工場を、同社の中国子会社である無錫菱陽生態農業設施科技有限公司(以下当社を含めた3社を総称して「三菱ケミカル」)が納入します。

 

三菱ケミカル 2020/1/16 ニュース より


 投稿日時: 2020-01-08

新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も会員の皆様にご満足いただけるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

会員の皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈りいたします。

 

令和2年 元旦
エース会事務局


 投稿日時: 2019-01-01

 

明けましておめでとうございます。


昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も皆様にご満足いただけるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈りいたします。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2019年 元旦


 投稿日時: 2018-12-16

中国市場を牽引する EC サイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東 集団 (代表:劉強東 本社:中華人民共和国 北京市 NASDAQ:JD 以下「京東」)と三菱ケミカル株式会社(代表: 和賀昌之 本社:東京都千代田区 以下「三菱ケミカル」)は、2017 年 6 月の両者合意に基づ き北京市通州区において三菱ケミカルが京東に納入した植物工場が完成し、稼働を開始したこと をお知らせします。

 

また、京東と三菱ケミカルは、今後も植物工場事業において協力関係を継続していくことを目 的に、戦略的パートナーシップ契約を締結しました。

 

 

三菱ケミカル株式会社 NewsRelease→クリック

京東商城(JD.com)プレスリリース→クリック

 

 


(1) 2 3 4 ... 12 »